産後の体を元に戻すのには努力が必要であるという事

女性ホルモンの急激な変化

妊娠と出産を終えた後の女性の体は驚くほどの変化があります。見た目としてもそうですし、見た目では分からない体の内部の部分にまで影響は多く出ているのです。妊娠をすると、それだけで女性ホルモンがめまぐるしい変化を始めます。女性ホルモンは体を作る上でとても重要で、それが変化して乱れていく事で体の中から変化がおき始めます。それは体型としてもそうですし、体質すら変えてしまいますのでそれまでの自分の体とは思えないのです。そして出産してその女性ホルモンもまた、非妊娠時の時のように戻ろうとするのですが、それが完璧に以前と同じように戻らない部分もあるので若干変化が起きたままになってしまう場合もあります。

産後の体型戻しのタイミング

産後は、ホルモンの変化だけではなく出産をする時に重要な役割を果たした骨盤も大きく開いた状態になり、骨盤が歪んでいたり開いた状態のままにしておくのは体全体のバランスを悪くしてしまうことになるので良くありません。産後体調が落ち着いてきたら半年が経つ前に骨盤の開きを直して正しい位置に戻すことが必要です。産後半年が経ってしまうと骨盤だけでなく体全体がその状態になれてしまって体型が戻りにくくなってしまいます。そうなる前にとりあえず骨盤だけはしっかりと引き締めておくと良いです。それをしているかどうかで体型に大きな差が出ます。しかしそれはセルフで行うのは難しいので、整体などに頼ってマッサージも兼ねながら頑張ったご褒美にしていくのもいいでしょう。

産後ダイエットは、赤ちゃんのお世話をしながら行うダイエットです。ただし、赤ちゃんとの生活を大切にし、無理のない計画が必要です。